レンタル倉庫を契約するときにはここに注目しよう!


区画の広さと料金の関係を調べておこう

レンタル倉庫は、個人から法人まで様々な用途に活用できることや、月単位で契約できるといった魅力があり、全国の都市部を中心に増加傾向にあります。そうした中、初めてレンタル倉庫の利用を検討するにあたっては、管理会社のウェブサイトやチラシを確認して、区画の広さと料金の関係について調べてみるのがおすすめです。一般的に、二段のレンタル倉庫は下段の料金が高めに設定される傾向がありますが、上段と比べて荷物の出し入れがしやすいため、すぐに契約者が決まるケースも少なくありません。また、スペースが広めのレンタル倉庫は、通販事業者や小売業者を中心にニーズが高まっており、法人を対象に長期の契約料金を設定している管理会社もあります。

人通りが多い倉庫を利用する時は安全面にこだわろう

人通りが多い国道沿いや住宅地などの周辺にあるレンタル倉庫を使いたい場合には、盗難などのリスクの備えがしっかりとしているかどうか、契約前に管理会社の資料をもとに確認することが重要です。大手のレンタル倉庫の管理会社の中には、倉庫の周りに複数の監視カメラを設置したり、警備会社と提携して頻繁に倉庫の見回りを行ったりしているところも多くあります。また、予算に余裕があるときには、安全面にこだわりがある屋内型の倉庫を優先的に選ぶと良いでしょう。その他、セキュリティが優れているレンタル倉庫は、毎月の契約料金が高かったり、なかなか空きスペースが出なかったりすることもあるため、時間を掛けて契約先を決めるのがおすすめです。

物流のネックは再配達です。これはコストと労力がかかるため、置き配システムの構築が将来重要となっています。安全と保証が課題です。