太陽光発電の費用対効果を上げよう!重要な二つのポイントは?


設置業者を厳選しよう

太陽光発電の設置業者がどこかによって費用対効果は大幅に異なるので注意しましょう。設置業者によって太陽光発電システムの導入費用が異なることだけが理由ではありません。設置業者によって電力の生産性にも違いが生じ、向こう何十年にもわたって利益に差が生まれる可能性があるからです。太陽光発電の効率は設置するシステムの種類と、太陽光発電パネルの設置技術によって左右されます。発電効率が高くて容量も十分にある太陽光発電システムを設置すると、太陽光がよく当たる場所ならたくさんの電気を生み出せるでしょう。しかし、日があまり当たらないところで容量が大きいものを選んでもあまり意味がありません。

また、太陽光発電パネルの設置の位置や角度の違いによって、同じ太陽光発電システムを導入したとしても生産量が数パーセントくらい変わることがよくあります。十分なノウハウを持っている業者に設置してもらって費用対効果を引き上げましょう。

電力会社との契約を見直そう

太陽光発電の効果を上げるためには電力会社との契約の見直しも大切です。太陽光発電は昼間にしか電力を生み出せないので、発電した電力は夜には使えません。昼間と夜間で値段が同じプランよりも、昼間は高い代わりに夜間は安いプランの方が電気代を節約できる可能性が高いのです。電力会社によってこのようなプランがあるかどうかは違いますが、電力自由化が実施されたので自由に電力会社を選べます。電気代を抑えて費用対効果を上げるために、電力会社の見直しもしましょう。

太陽光発電の価格は、業者によって大きく異なっている場合があります。購入前にいくつかの業者に見積もりを出してもらい、それぞれの基本料金とオプションの費用を確認しましょう。